森德網站設計有限公司 網頁設計 網站設計 網站設計 真人娃娃 sex doll

故事開始
OUR STORY BEGINNING

【生態】人類與動物-第3篇:友善的對待
【生態】人間と動物-第3編:優れた人との扱い
【Ecology] Humans and Animals - Chapter 3: Friendly Treatment

 

在動物世界裡,我們在不知不覺中醜化~搶奪~最後撲殺牠們,直到牠流著眼淚看著我們……

 

動物の世界には、人間は動物たちに物を奪ったりして、殺さりして、いつの間にか動物に悪者にされてしまい、結局、彼らが涙まみれで人間たちに眺めるまで……

 

In the world of animals, we vilify, snatch, and kill them unconsciously until they look at us with tears…


 

 

【小故事 1】

 

人類的過度介入

 

  (1)狼先生的生態課程裡面曾經說到:人們都用故事教育孩子,但是用這些故事醜化肉食性動物。例如小時候聽到的童話故事:大野狼吃掉外婆、虎姑婆吃小指頭、狼人與狐狸精是邪惡的等等……。

 

  (2)人類幾乎把牠們全都撲殺,數量大幅銳減,變成瀕臨絕種動物,甚至有的消失,演變成草食性動物大量增加。這些增加的草食性動物,讓森林或草原過度擁擠,造成食物不夠,吃掉樹苗造成森林數量銳減,又進入了人類的農場覓食,然後人類再去撲殺這些草食性動物,變成一個生態的不平衡。

 

  很早之前美國黃石國家公園發現這個問題,開始復育狼,目前復育狼群的數量有增加。

 

 

【ストーリー 1】

 

人間の介入

 

          

         (1)  オオカミさんの生態のコースでこういう話がありました。「人間たちはよく物語で子供たちを教育するのだが、これらの物語は肉食動物を悪者にするがちです。狼がおばあさんを食うことや子供の指が虎姑婆(とらば ば)の大好物、人狼と妖狐は邪悪であるなどの例は昔からの定番です。

 

         (2)  肉食動物は人間に撲殺され、数量は大幅で減少しつつ、絶滅危惧種になったりして、絶滅になったりするので、草食動物が逆に増加していきます。増加した草食動物は森や草原を多く占めて、食べ物の量が減っていきます。苗木を食って、森の数もへっているので、草食動物は人間の農場に漁りに入ってきます。人間はまた草食動物を撲殺して、生態のバランスを壊してしまいます。

   アメリカのイエローストーン国立公園はこういう問題を見つけた後、すでにオオカミを復元し始め、今オオカミの数も増加していきます。

 

 

   

 

【Little Story 1】

 

Human over-intervention

 

(1) Mr. Wolf’s once said in the ecological class. “People use stories to educate children, but they use these stories to vilify carnivorous animals. For example, the fairy tales we used to hear when we were little: the big wolf eats the grandma, the tiger aunt eats the little finger, and the werewolves and the vixen are evil, etc…

 

(2) Human beings culled almost all of them, their numbers dropped sharply, and they became endangered species. Some had even gone extinct, evolving into a large increase in herbivorous animals. The forests and grasslands were then crowded with herbivorous animals, resulting in insufficient food, and eating saplings caused a sharp decline in the number of forests. They started to enter farms for food, and then humans culled these herbivorous animals causing ecological imbalance.

 

This problem was discovered in Yellowstone National Park in the United States a long time ago, and they began to breed wolves. The number of wolves does increase now.

 

 

大人們說著醜化肉食性動物的童話故事

大人たちは肉食動物を悪者にした物語を語ります

Adults telling fairy tales vilifying carnivorous animals.

 

 

【小故事2】

 

  我們曾經帶著一家人(裡面有小孩)要去參加生態體驗。當媽媽很開心地跟孩子說,生態體驗課程裡面有狼、有馬、有鹿,結果小孩子並沒有感覺很開心,隔天早上哭著說晚上作惡夢,夢到被大野狼咬屁股。

  這次生態旅遊後,孩子們卻發現狼其實一點也不可怕(長得像很帥氣的狗),也了解到生態的重要性,回來後還常常會想到狼。

 

 

【ストーリー2】

 

  ある家族(子供も含める)を連れて生態の体験活動を参加しました。母親は楽しく子供たちに「生態体験のコースの中にはオオカミ、馬、鹿などある」、子供たちは聞いてから何だかうれしくない見えています。

  そして、翌朝は、夜には悪夢を見て、オオカミにお尻を嚙まれたと泣きながら言いました。  

  今回の生態体験のコースを参加した後に、オオカミは全然怖くないと気つけました。(かっこいい犬みたいって)。それに、生態の重要性を気付けました。家に帰ってもよくオオカミを思い出しちゃいますと聞きました。

 

 

 

【Small Story 2】

 

Once we took a family with kids to an eco-tour. The mom told the kid that they would meet wolves, horses, and deer during the tour, but the kid didn’t seem happy. The next morning, the kid cried and said he had dreamed of being bitten by a big wild wolf. 

 

After the eco-tour, the children found that wolves were not scary at all, instead, they looked like handsome dogs. They also understood the importance of ecology and often thought of wolves after the trip.

 

 

 

 

 

  有一次,另外一家人帶著孩子參加生態體驗,剛開始的時後導遊提醒大家,因為狼的耳朵很敏銳,所以不可以大聲說話。這一對小兄妹非常的認真聽著解說,一點都不害怕狼。

媽媽小聲地交代小兄妹,講話不可以很大聲,

這一個三歲的小女孩很認真地對著她的哥哥說:

 

「哥哥!噓!小聲點,不要講話,會吵到大野狼!」(PS:音量非常大)

 

  「……。」哥哥一句話也沒說。

   

 

 

    ある日、ツアーのある家族は子供たちを連れて、生態体験の活動を参加しました。最初、ガイドさんは皆に「狼の耳は敏感ですので、大きい声で話さないでください」とツアーのメンバーたちに伝えました。この家族の兄妹二人は狼が怖がらないようで、ガイドさんの説明をちゃんと聞いてます。

お母さんも小さい声で兄妹二人に注意してほしいと言ったが、

 

「お兄さん!シーッ、大きい声で話さないで、オオカミさんに邪魔する!」(ps:非常に大きい声で……)と言いました。

    

   「…….」、お兄さんは一言も言わなかったのに…..

 

 

Once, another family took their children to participate in the eco-tour. In the beginning, the tour guide reminded everyone that because wolves have sharp ears, they should not speak loudly. The little brothers and sisters listened to the explanation very carefully, not afraid of wolves at all.

 

Mother whispered to the little brother and sister, not to speak too loudly.


This three-year-old girl said to her brother very seriously. "Brother! Hush! Be quiet, don't speak, you will disturb the wolf! "(in a very loud voice)

 

"..." The brother didn't say a word.

 

 

 

   

【小常識】食物鏈的平衡

 

 

  動物的食物鏈,最上端的是肉食性動物(老虎、雪豹、狼等),中間是草食性動物(畜牧:氂牛、馬、家羊等)(野生:鹿、岩羊、野兔等等),最下面是植物(森林、草原、樹苗等)。

 

 

【常識】食物連鎖のバランス

 

 

   動物の食物連鎖の最上位は肉食動物(虎、ユキヒョウ、狼など)、中間は草食動物(畜産物:ヤク、馬、羊など)(野生動物:鹿、バーラル、ヤルカンドノウサギ)、下は植物(森林、草原、苗木など)。

 

 

 

【Little Knowledge】 The balance of the food chain

In the animal food chain, carnivorous animals (tigers, snow leopards, wolves, etc.) are at the top; herbivorous animals (livestock: yaks, horses, domestic sheeps, etc.) (wild: deer, bharals, hares, etc.) are in the middle; plants (forests, grasslands, saplings, etc.) are at the bottom.

 

 

 

人類幾乎把海洋生態食物鏈的第1~4次消費的生物全部大量食用,造成整個海洋生態不平衡

 

人間は海の食物連鎖の1から4までの生物を大量に食ってしまい、海洋の生態のバランスを破ります

 

Human beings eat almost all the organisms consumed in the first to fourth times of the marine ecological food chain, causing the overall marine ecological imbalance.

 

 

【小故事3】

 

人類過度搶奪小牛的食物(牛乳)?

 

  有一次我們帶著一家人去參加日本牧場體驗,活動內容有擠牛奶、餵食動物牧草、喝鮮奶與吃冰淇淋等。

 

  一開始大家很開心,當一行人開始進行體驗時,牧場主人拖來一頭母的乳牛,那隻母牛其實懷孕,肚子很大,我們手先消毒,然後開始體驗擠牛奶,突然間我們發現母牛一直在流淚看著我們,心裡有點不忍,突然有一個媽媽說不要擠牛奶了,看著乳牛留著眼淚好可憐,最後大家一致決定不要擠牛奶了,前往其他活動。事後回想,這樣的體驗是否合適?其實母牛已經懷孕泌乳不舒服了,還要讓很多人擠奶,深深覺得這樣對待動物是不友善的。

 

 

 

【ストーリー3】

 

人間は仔牛の食べ物(牛乳)を奪いすぎる?
 

  前には家族全員で日本の牧場の活動を参加しました。活動の内容は、‘牛乳しぼりと動物にエサやりと牛乳とアイスクリームの味わいです。

    

      最初、皆は楽しんでいました。牧場の持ち主は一頭の乳牛を引っ張ってきました。その乳牛は妊娠していて、お腹は大きく見えます。私たちは先に手を消毒してから牛乳しぼりを始めました。突然、

その乳牛泣きながら私たちを眺めるのを気付けました。ある母親は「もうしやめましょう」と言いました。皆はちょっと乳牛を様子を見るに堪えなくなってきました。結局、皆は牛乳しぼりをやめて、

ほかの活動をしに行きました。今ちょっと考えてみると、こういう活動はいいのかな?乳牛はすでに妊娠になって、体調が悪くなりました。またたくさんの人に牛乳を搾られてるなんて、残酷だと思いました。

 

 

 

【Little Story 3】


Humans over-snatch calf's food (milk)?

 

Once we took a family to a Japanese ranch. The activities included milking cows, feeding animals, drinking fresh milk and eating ice cream.

 

At first, everyone was very happy. When the group started to experience, the rancher brought a female cow. The cow was actually pregnant and had a big belly. We disinfected our hands first, and then started milking the cow. Suddenly we found the cow looking at us in tears, I felt a little bit sad for her. Suddenly a mother said that she would not milk the cows, seeing the cow crying was pitiful. In the end, everyone decided not to milk the cows and went to other activities. In hindsight, is such an activity appropriate? The cow was already uncomfortable because of pregnancy and lactation. It was very unfriendly to the animals if we insisted to milk the cow. 

 

 

  在歐洲、美洲早期傳統的畜牧,牧場的主人也是用手工的方式,適度取用他們需要的牛奶。人類畜養這些乳牛 ,小牛喝母牛的奶,多餘的牛奶,適度地被取用成為人類的食物,在傳統的畜牧方式是友善的。

 

【行程】

 

日本之旅] 

歐洲之旅] 

美洲之旅] 

 

 

昔のヨーロッパと米州の畜産業は、牧場の持ち主は両手で適当に「需要だけの」牛乳をしぼります。伝統的な畜産業は、乳牛を飼い、仔牛は乳牛の牛乳を食べてから、まだ余りの牛乳を人間はしぼり出して、食べ物になります。これこそ動物に優しい扱いです。

 

【プサン】

 

日本の旅

ヨーロッパの旅

米州の旅

 

 

In the early traditional stock farming in Europe and America, the owners of the ranch also milked the cow with hand and at an appropriate amount. Humans raised these dairy cows, the calves drank cow milk, and the excess milk was appropriately used as human food, which was friendly.

 

【TOUR】


 [ Tour to Japan ]

 [ Tour to Europe ]

 [ Tour to America ]

 

 

   

 

  藏人對氂牛自然地放牧,他們取氂牛奶的方式,是小牛先喝飽,再取出多餘的氂牛奶做成酥油茶(藏式奶茶)跟酥油(奶油),多餘的再販賣,是適度的取用。

 

  生態的導遊說了這一個牛奶的故事。現代的人類從嬰兒到老人都需要牛奶。乳製品需求大增,迫使這些乳牛強迫性懷孕泌乳,然後又讓這些剛出生的小牛喝奶粉。人類過度使用乳牛的身體,讓這些乳牛身體不堪負荷,這樣的牛奶好喝嗎?我們應該適度的取用,更友善地對待動物。

 

【行程】

 

自然生態之旅

 

 

 

   チベット人はヤクを自然に放牧されます。チベット人がヤクの乳しぼりの仕方は、仔牛がくちくなってから、余りの牛乳をしぼって、酥油茶(チベットバター茶)やヤクバターを作ります。また、残ったのは販売になります。適度な使い方です。

 

   生態のガイドさんはある牛乳のストーリーを言いました。現代の人は赤ちゃんからお年寄りまで、誰でも牛乳が必要であり、乳製品の需要が増えていきます。乳牛は迫られて、妊娠しったりして、泌乳しったりします。生まれたばかりの仔牛に粉ミルクを食べさせるのです。人間は過度に乳牛の体を使用して、牛には力に余るのです。これを従って、こういう状態でしぼった牛乳は美味しいのでしょうか? 私たちは適度に使用して、もっと優しく扱うべきのです。

 

【プラン】

 

自然の生態の旅

 

 

 

Tibetans graze the yak naturally. They let the calves drink the yak milk first and use the excess yak milk to make butter tea (Tibetan milk tea) and ghee (cream). If there’s still left, they then sell it. 

 

The ecological tour guide told a story of this milk. Modern people need milk from babies to the elderly. The demand for dairy products has soared, forcing these cows to be pregnant and lactate. Then they let these newborn calves drink milk powder. Humans overuse the bodies of dairy cows and make these dairy cows overwhelmed. Is this milk delicious? We should use it appropriately and treat animals more friendly.

 

【TOUR】


 [ Eco-Tour ]

 

 

【to be continue …  つづく  待續】

 

2017/12/14

 


【著作權聲明】
本站所刊載之所有內容,除著作權法規定不得為著作權之標的(如法律、命令、公務員撰擬之講稿、新聞稿等...請參考著作權法第9條規定)外,其他包括文字敘述、攝影、圖片、錄音、影像及其他資訊,均受著作權法保護。任何人未經原作者同意不得盜用、複製、轉錄、散佈部分或全部內容。

 

【著作権表示】

このサイトで公開されている内容(テキストによる説明、写真、録音、画像、情報など)は、著作権法保護の対象となります。第9条の規定を参照してください。著作者の同意を得ずに、コンテンツの一部または全部を悪用、複製、転記、配布することは禁止です。

 

【Copyright Notice】

All content published on this site that except the items shall not be the subject matter of Copyright Act that such as laws, orders, text of speeches, news releases and etc., please refer to the Article 9 provisions of Copyright Act the others all protected by Copyright Act including textual narratives, photography, pictures, sound recordings, images, and other information. No one may misappropriate, reproduce, transcribe, or distribute part or all of the content without the consent of the original author.